Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由の脅威に対抗するブラウザ用プラグイン - チェック・ポイント

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、ウェブベースの脅威へ対応するウェブブラウザ向けプラグイン「SandBlast Agent for Browsers」を発表した。2016年第3四半期より提供する予定。

同製品は、ブラウザ経由で侵入するマルウェアやフィッシングなどへ対応するブラウザ向けプラグイン。PDFやOfficeファイルなどダウンロードしたファイルを再構成してリスクを低減する「Threat Extraction」や、PDFやOfficeファイルのほか、実行ファイルなどサンドボックスで検査する「Threat Emulation」を利用できる。

またヒューリスティック技術を利用してフィッシングを検知する機能のほか、パスワードの使い回しによるポリシー違反の警告機能を搭載した。提供当初は「Chrome」に対応し、近日中に「Internet Explorer」へ対応する予定。

(Security NEXT - 2016/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
デスクトップ向け「Chrome」が更新 - サンドボックス回避など脆弱性4件を修正