Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーエージェント、アフィリエイト広告の不正検知にAI活用

サイバーエージェントは、CAリワードが提供するアフィリエイト広告の不正検知システム「Performance Keeper」にAIを導入した。

アフィリエイト広告において、アクセス元を海外やホスティングサービスに設定し、偽装した取得したアカウントで成果を上げて報酬を得る不正行為への対策としてAIの利用による対策を開始したもの。

CAリワードでは、このような不正利用の検知や対策について研究する組織「BOSATSU」を設置し、不正検知システム「Performance Keeper」を6月より提供してきたが、同社のエンジニア横断組織であるアドテクスタジオが同システムにAIを導入した。

企業サイト内におけるユーザーの行動情報や、CAリワードが保有する計測データなどを組みあわせたユーザー属性情報を取得。Deep Neural Networkモデルにより分析、学習することで、不正利用を検知するとしている。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
宣伝文句「血糖値の高い方におすすめ」のどこに問題? - 「ネットの罠体験ショップ」が公開
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
さいたま市主催「世界盆栽大会」のドメイン、第三者が取得 - アダルト広告サイトに
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用