Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーエージェント、アフィリエイト広告の不正検知にAI活用

サイバーエージェントは、CAリワードが提供するアフィリエイト広告の不正検知システム「Performance Keeper」にAIを導入した。

アフィリエイト広告において、アクセス元を海外やホスティングサービスに設定し、偽装した取得したアカウントで成果を上げて報酬を得る不正行為への対策としてAIの利用による対策を開始したもの。

CAリワードでは、このような不正利用の検知や対策について研究する組織「BOSATSU」を設置し、不正検知システム「Performance Keeper」を6月より提供してきたが、同社のエンジニア横断組織であるアドテクスタジオが同システムにAIを導入した。

企業サイト内におけるユーザーの行動情報や、CAリワードが保有する計測データなどを組みあわせたユーザー属性情報を取得。Deep Neural Networkモデルにより分析、学習することで、不正利用を検知するとしている。

(Security NEXT - 2016/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
約7割、緊急時のテレワークに賛成 - 環境用意できないとの声も
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に
取引先情報が流出、開発プラットフォームの設定ミスで - 道新SC
ストレッチ専門店で不適切な求人広告 - 元従業員改ざん
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
ネット広告詐欺の損害を補償する保険