Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月下旬よりTCP23番ポート宛のパケットが急増 - 発信元は防犯カメラか

5月後半より「TCP23番ポート」に対する不審な通信が増加していることが、JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)のまとめによりわかった。防犯カメラ機器が送信元として確認されている。

同センターが、2016年第2四半期の観測状況をまとめたもの。同センターでは複数のセンサーを設置。収集したパケット情報を分析し、四半期ごとに統計をまとめている。

同センターによると、期間中にセンサーで検知したパケットの宛先ポートは、前期同様「telnet」で利用される「TCP23番ポート」が最多だった。

特に5月27日ごろより急増しており、背景には、防犯カメラ機器の「CCTV(closed-circuit television)」を運用しているIPアドレスを発信元としたアクセスの増加があるという。

20160825_jp_001.jpg
「TCP23番ポート」によるパケットの受信状況(グラフ:JPCERT/CC)

送信元を見ると、韓国や台湾、ベトナム、ブラジル、中国など複数地域から送信されており、これらIPアドレスでは、機器の認証用ウェブインターフェースが確認された。国内の複数製品からもアクセスが行われており、同センターでは製品の開発者やIPアドレスの管理者と連絡を取り、対応を求めた。

また5月25日以降、同センターのIPアドレスを詐称し、国内のオープンリゾルバを用いた「DNS水責め攻撃」のパケットがほぼ収束したという。原因は不明だが、再び攻撃が再開される可能性もあるとして同センターでは動向を注視している。

(Security NEXT - 2016/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件