Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール開きマルウェア感染、個人情報流出の可能性 - 中電工

中電工は、同社の端末がマルウェアへ感染し、一部顧客情報や同社の職員名簿などが外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、6月29日にパソコン1台よりマルウェアを検知。調査を行ったところ、6月15日に同端末から不正サイトへアクセスした形跡を確認した。端末の設定に問題があり、脆弱性が存在し、さらに添付ファイルを開いたことでマルウェアへ感染したという。

同社では7月4日より情報流出の可能性について外部へ調査を依頼していたが、影響はわかっていない。ファイルの精査により対象顧客の特定作業を6月29日より進めていたが、8月16日に終えたとしている。

流出の可能性があるのは、顧客211件の氏名と住所。そのうち1件についてはメールアドレスも含まれる。また同社の職員名簿についても流出したおそれがある。

今回の問題を受けて、同社では対象となる顧客へ事情を説明し、謝罪する書面を送付。また、インターネット上へデータが流出していないか監視を行っている。

(Security NEXT - 2016/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
企業説明会の中止連絡でメール送信ミス - 兵庫県立大
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社