Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム不具合でサイト登録者のメアド流出 - アルファポリス

アルファポリスは、ウェブサイトの登録者に案内メールを送信した際、システムの不具合により一部利用者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、8月8日10時ごろ、「第9回ファンタジー小説大賞」の開催について案内するメールを、同社のサイトで作品登録を行った利用者宛に送信したが、システムの不具合で一部の利用者のメールアドレスがメールの本文に記載された状態となった。

利用者が登録したメールアドレスの一部に、同社システムでメールアドレスとして正しく処理できない文字が含まれている場合があり、送付先のメールアドレスリストを処理した際、同文字以降のメールアドレスを本文の一部として処理してしまったという。

具体的には、500件を1グループとして15グループに送信したが、そのうち3グループにおいて不具合が発生した。ひとつのグループでは、43件のメールアドレスが記載されたメールを457件に送信。別のグループでは、346件のメールアドレスが記載されたメールを154件に、さらに別のグループでは188件のメールアドレスが記載されたメールを312件に送信した。

同社では、メールアドレスが記載された利用者に対して個別に連絡を取り、謝罪。問題のメールを受信した利用者には、メールの削除を依頼した。またシステムを改修し、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2016/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
「名探偵コナン検定」でメール送信ミス - メアド流出
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
GWの緊急連絡先確認メールで送信ミス - 学習塾
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
「おそ松さん」特設通販サイトで不具合 - 他会員情報表示
緊急事態宣言対応の留学生宛て連絡メールで送信ミス - 中京大