Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向け「LINE」の自動アップデート機能に脆弱性

Windows版の「LINE」が備える自動アップデート機能に脆弱性が含まれていることがわかった。同社は旧版の利用者に対し、自動アップデート機能を利用せず、最新版を再インストールするようアナウンスしている。

同ソフトウェアにおいて、自動アップデート機能に脆弱性が存在することが判明したもの。「同4.8.1.1112」および以前のバージョンにおいて自動アップデート機能を利用した際、中間者攻撃によって不正なファイルを読み込むおそれがあるという。

これを受けて同社は、「同4.8.2」で脆弱性を修正。旧版の利用者に対して、安全にアップデートできない環境が存在するとし、自動アップデートを利用せず、最新版をダウンロードして、再インストールを行うよう呼びかけている。

また7月に修正した不正なライブラリファイルを読み込むおそれがある検索パスに関する脆弱性「CVE-2016-4831」への対応が、一部不十分であることも明らかとなった。

同社では、7月1日に修正版となる「同4.8.0」をリリースしていたが、インストーラーに関しては対応が不十分だったという。同社では同脆弱性に対しても再度修正を実施している。

(Security NEXT - 2016/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件
Apple、「iOS 13.5」などリリース - 修正脆弱性は今後発表
Adobe製オーディオ編集ソフトに脆弱性 - 更新を実施
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
低消費電力通信「Bluetooth」に複数脆弱性 - なりすまし攻撃「BIAS」が判明
「Adobe Premiere」に脆弱性 - 「Pro」「Rush」それぞれに判明