Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向け「LINE」に脆弱性 - 不正なファイルを読み込むおそれ

Windows向けに提供されている「LINE」に脆弱性が明らかとなった。最新版で修正されている。

同アプリの「同4.7.0」および同バージョンのインストーラーにおいて、ライブラリファイルを読み込む際の検索パスに脆弱性「CVE-2016-4831」が存在。悪意あるファイルを読み込み、任意のコードを実行されるおそれがある。

今回明らかとなった脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。LINEでは7月1日に修正版をリリースしている。

(Security NEXT - 2016/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ