Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正利用などと不安を煽り、クレカ情報聞き出す不審電話に注意

日本クレジット協会は、クレジット加盟店の従業員や同協会の関係者を装い、クレジットカード情報をだまし取る不審電話が発生しているとして、注意を呼びかけている。

個人情報を詐取する問題の電話は、複数の人物が登場するなど、劇場型の振り込め詐欺と類似している。

同協会によれば、最初の電話では、クレジットカード加盟店の従業員を名乗るのが特徴。クレジットカードの不正利用や偽造カードの可能性があるなどとして不安を煽り、「日本クレジット協会」へ電話するよう促すという。

しかし、同人物が「日本クレジット協会」として案内する番号はでたらめで、同協会とまったく関係ない電話番号であり、その番号へ電話をかけると、同協会の関係者を装った人物が、クレジットカードの番号や有効期限など、個人情報を聞き出していた。

同協会は、正規の相談窓口で利用している電話番号をインターネットへ公開しており、公開している番号以外は、連絡を取らないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
県寄付サイトに2万回以上の不正入力、カード決済を一時停止 - 長野県
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取