Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

夏休みにウェブフィルタリングソフトを無償提供

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、コンシューマー向けウェブフィルタリングソフトを、夏休み向けに期間限定で無償提供する。

不正と判断したサイトへの接続を制限するパソコン向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」を7月19日から9月30日まで期間限定で無償で提供するもの。

同社では毎年、子どもがインターネットを利用する機会が増える夏休み期間にあわせ、同ソフトの無償提供を展開している。申し込みの受付締め切りは8月31日。

フィルタリングソフトは、子どもの安全なインターネット利用のためのツールだが、高齢者を狙った高額請求や詐欺サイト対策としても効果があるとし、家庭におけるインターネット利用を見直すきっかけにしてほしいとしている。

(Security NEXT - 2016/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー