Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃の対応をゲームで学べる無料のオンライン教材

トレンドマイクロは、標的型攻撃への対応方法をゲームで学べる「標的型サイバー攻撃 ビデオシミュレーションゲーム」の提供を開始した。

同製品は、企業において情報セキュリティに携わる意思決定者を対象としたオンライン教材。インシデント発生時の意思決定プロセスと、標的型攻撃への対策を学ぶことができる。

ゲームのプレイヤーは、架空の企業のCIO(最高情報責任者)として、5つのステージで発生するセキュリティインシデントを疑似的に体験。経営者や関連部門との調整、予算、人員、時間といった枠組みのなかで脅威へ対応する。

プレイ時間は約20分で、日本語のほか英語や中国語、フランス語など14カ国語に対応。無償だが、利用にあたっては氏名や会社名、メールアドレスなどを登録する必要がある。

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言
日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置
日本初となるサイバーセキュリティ日米合同演習を実施 - 経産省