Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃の対応をゲームで学べる無料のオンライン教材

トレンドマイクロは、標的型攻撃への対応方法をゲームで学べる「標的型サイバー攻撃 ビデオシミュレーションゲーム」の提供を開始した。

同製品は、企業において情報セキュリティに携わる意思決定者を対象としたオンライン教材。インシデント発生時の意思決定プロセスと、標的型攻撃への対策を学ぶことができる。

ゲームのプレイヤーは、架空の企業のCIO(最高情報責任者)として、5つのステージで発生するセキュリティインシデントを疑似的に体験。経営者や関連部門との調整、予算、人員、時間といった枠組みのなかで脅威へ対応する。

プレイ時間は約20分で、日本語のほか英語や中国語、フランス語など14カ国語に対応。無償だが、利用にあたっては氏名や会社名、メールアドレスなどを登録する必要がある。

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大