Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃の対応をゲームで学べる無料のオンライン教材

トレンドマイクロは、標的型攻撃への対応方法をゲームで学べる「標的型サイバー攻撃 ビデオシミュレーションゲーム」の提供を開始した。

同製品は、企業において情報セキュリティに携わる意思決定者を対象としたオンライン教材。インシデント発生時の意思決定プロセスと、標的型攻撃への対策を学ぶことができる。

ゲームのプレイヤーは、架空の企業のCIO(最高情報責任者)として、5つのステージで発生するセキュリティインシデントを疑似的に体験。経営者や関連部門との調整、予算、人員、時間といった枠組みのなかで脅威へ対応する。

プレイ時間は約20分で、日本語のほか英語や中国語、フランス語など14カ国語に対応。無償だが、利用にあたっては氏名や会社名、メールアドレスなどを登録する必要がある。

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者
デロイトトーマツと日大、クライシスマネジメント分野で連携 - 政策提言なども視野に
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞が決定 - SECCONなど3者が受賞
厚労省と年金機構、年金情報流出問題の対策状況を取りまとめ
シスコ、セキュリティ人材育成に向けた「スカラシッププログラム」
NHNテコラス、セキュリティ人材の育成サービスを開始 - 制御システムのトレーニングプログラムも
NICT、セキュリティ技術を生み出せる技術者を育成 - U-25向けに「SecHack365」を始動
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出