Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT投資の対象で「セキュリティ」が課題のトップ

企業の規模や産業に関わらず、IT予算の対象領域で「セキュリティ」を課題に挙げる企業がもっとも多かったとの調査結果をIDC Japanが取りまとめた。

同社が国内企業のCIOや情報システム部門の管理者を対象としてIT投資動向に関する調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

6割以上の企業が、2016年度の国内企業のIT支出が前年から「変わらない」とする一方、大企業や中堅企業でそれぞれ35%、31%が「増加」と回答。いずれも減少を上回っており、積極的な投資の動きが見られた。ただし、国内ITサービス市場全体は、2016年以降もプラス成長を続けると同社は見ているが、成長率は低下していくと分析している。

IT予算の対象範囲における課題として、「セキュリティ」を挙げる企業がもっとも多く、従業員の規模や産業分野に関わらず、セキュリティ対策を重要視する声が目立ったという。

(Security NEXT - 2016/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、北米に初となる子会社「FFRI North America」を設立
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
Apple、macOS向けに脆弱性に対処したアップデート - 重複除く125件を解消
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出
宿泊予約者の個人情報をメールで誤送信 - 西鉄ホテルズ
Apple、「iOS 10.3」をリリース - 84件の脆弱性を修正
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社