Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「東京ズーネット」に不正アクセス - 個人情報が流出

ウェブサイト「東京ズーネット」が不正アクセスを受けたことがわかった。個人情報やメールアドレスが流出したという。

「東京ズーネット」は、都内動物園や水族園のウェブサイトで東京動物園協会が運営している。同協会によれば、7月7日6時半過ぎに職員が改ざんされていることに気が付いたという。

今回の不正アクセスにより、「東京動物園友の会」の加入について問い合わせを行っていた関係者の氏名や郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、連絡事項など868件の個人情報が流出。さらにメールマガジン「ズー・エクスプレス」登録者に関するメールアドレス2万1688件が被害に遭った。

同協会では改ざんページを削除するとともに、同サイトを閉鎖。ウェブサイトの状況や原因について調査を進める。また関係者に対して謝罪、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2016/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模