Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、受信メールの添付ファイルやリンクを除去するサービス

キヤノンITソリューションズは、受信したメールより添付ファイルやリンクを除去する新サービスを、2016年秋より提供を開始する。

同サービスは、受信するメールに対してマルウェアのチェックにくわえ、HTMLメールのテキスト化、攻撃に利用されることがある添付ファイルや、外部サイトへのリンクを削除するもの。「GUARDIANセキュリティサービス」において「メール無害化サービス」として展開する。

対象メールを除外する「ホワイトリスト」の機能も用意。受信した加工前のメールを閲覧したり、ダウンロード、配送、転送する機能も用意する。

(Security NEXT - 2016/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品