Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、受信メールの添付ファイルやリンクを除去するサービス

キヤノンITソリューションズは、受信したメールより添付ファイルやリンクを除去する新サービスを、2016年秋より提供を開始する。

同サービスは、受信するメールに対してマルウェアのチェックにくわえ、HTMLメールのテキスト化、攻撃に利用されることがある添付ファイルや、外部サイトへのリンクを削除するもの。「GUARDIANセキュリティサービス」において「メール無害化サービス」として展開する。

対象メールを除外する「ホワイトリスト」の機能も用意。受信した加工前のメールを閲覧したり、ダウンロード、配送、転送する機能も用意する。

(Security NEXT - 2016/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応