Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、CSIRTの構築から運用まで支援するサービス

伊藤忠テクノソリューションズは、「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」の立ち上げから運用まで支援するサービスを提供開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やセキュリティインシデントへ対応する「CSIRT」の構築や運用を支援するもので、3種類のサービスメニューを用意した。

具体的には、オンサイト調査でセキュリティリスクの洗い出す「CSIRTアセスメントサービス」、要件に応じてCSIRTの計画策定を支援する「CSIRTプランニングサービス」のほか、インシデントの予防対策や事後対応を同社が代行する「CSIRT運用支援サービス」を用意した。

同社は今後3年間に20社の導入を目指して同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2016/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化