Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策に関する懸念は「コスト」「複雑さ」 - 「ゴール見えない」の声も

セキュリティ対策に対する懸念の声でもっとも大きいのは「コスト」であるとの調査結果をガートナージャパンが取りまとめた。「複雑さ」や「ゴールがわかりにくい」といった声も目立つ。

20160705_gr_001.jpg
セキュリティに関する懸念事項(グラフ:ガートナー)

日本企業が情報セキュリティに対して抱えている懸念事項について、3月に調査を実施したもの。日本企業のITインフラ領域において製品やソリューション、サービスの導入選定に決裁権を持つ役職、またはITインフラの戦略に関与している役職を対象に尋ね、515人から回答を得た。

情報セキュリティ対策に関する懸念事項について、最も多かった回答は「コストがかかりすぎる」で21%。「複雑すぎる(13%)」「どこまでやればゴールなのか分かりにくい(12%)」と続いた。

そのほか、「毎年脅威やリスクが増大する」「対応できる要員がいない」「対策が現システム環境へ与える悪影響」「外部からの脅威が想定できない」などの声も聞かれた。

(Security NEXT - 2016/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂
経産省、ビルシステムのセキュリティ確保でGL案 - パブコメ実施
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
カードセキュリティの実行計画2019年版 - 非保持でも対策の必要性言及