Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染PCが外部と不正通信、情報流出は調査中 - 柏市

千葉県柏市は、複数の事務用端末がマルウェアに感染し、外部と不正な通信を行っていたことを明らかにした。情報流出の状況について調査を進めている。

不正通信が確認されたのは、環境サービス課および宅地課で使用している業務用のパソコン3台。メールの添付ファイルを開封したことでマルウェアに感染したもので、6月30日22時ごろに判明した。

6月29日8時過ぎから30日17時半ごろにかけて437回にわたり不正通信が行われ、外部へ送信されたデータ量はあわせて420Kバイトだった。これら端末には、142人や17法人に関する個人情報や機密情報が含まれていたが、マイナンバーや戸籍などを扱うネットワークには接続されていないとしている。

同市では、情報流出の発生など詳細について調査を進めているが、不正通信の期間やデータ量からパソコン内のファイルが流出した可能性は低いと説明。関係者に対しては書面で事情を説明、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2016/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導