Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年1Qのクレカ不正使用被害は37億円 - 約6割が番号盗用

日本クレジット協会は、2016年第1四半期におけるクレジットカード不正使用被害の発生状況について取りまとめた。

同協会が、クレジットカード発行会社45社を対象に調査を行ったもの。2016年第1四半期にクレジットカードの不正使用で生じた被害額は37億円。前期の34億7000万円を6.6%上回り、前年同期からは39.6%の増加となった。

これら被害額の内訳を見ると、カード番号の盗用による被害が、22億6000万円で全体の61.1%を占める。前期の被害額20億5000万円から10.2%悪化した。前年同期との比較では51.7%増となる。国内外での比率を見ると、国内が57.6%で海外の42.4%を上回った。

一方、偽造カード被害額は、全体の24.3%にあたる9億円。前期の8億2000万円から微増、前年同期の5億円からは4億円の増加となる。国内、海外での比率を見ると、海外が73.3%とおよそ4件に3件を占めた。

(Security NEXT - 2016/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増
カードセキュリティの実行計画2019年版 - 非保持でも対策の必要性言及
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら
2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
スマホ決済のクレカ不正利用対策で検討会 - 経産省