Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りPCがマルウェア感染、外部と不正通信 - 山口大

山口大学において業務用端末がマルウェアに感染し、外部と不審な通信を行っていたことがわかった。パソコンにはのべ約2万人分の個人情報が保存されており、同大では調査を進めている。

同大によれば、6月6日8時半ごろに、不審な外部サイトへアクセスした疑いがあるパソコンを発見したもの。ネットワークから遮断し、通信記録を調査したところ、マルウェアの感染が原因と見られる通信を確認した。

マルウェアに感染したパソコンには、のべ2万998人分の個人情報を保存。学生の氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、在籍内容や入学に関する情報、銀行口座などの情報が含まれる。そのほか学生指導や職員人事、学外研修講師の銀行口座なども保存されていた。被害の報告などは受けていないという。

6月1日に受信したメールの添付ファイルを職員が開封したことから、マルウェアへ感染したと見られている。他端末におけるマルウェアの感染や不正通信は確認されていない。同大学は警察に相談するとともに、引き続き調査を継続するとしている。

(Security NEXT - 2016/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA