Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りPCがマルウェア感染、外部と不正通信 - 山口大

山口大学において業務用端末がマルウェアに感染し、外部と不審な通信を行っていたことがわかった。パソコンにはのべ約2万人分の個人情報が保存されており、同大では調査を進めている。

同大によれば、6月6日8時半ごろに、不審な外部サイトへアクセスした疑いがあるパソコンを発見したもの。ネットワークから遮断し、通信記録を調査したところ、マルウェアの感染が原因と見られる通信を確認した。

マルウェアに感染したパソコンには、のべ2万998人分の個人情報を保存。学生の氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、在籍内容や入学に関する情報、銀行口座などの情報が含まれる。そのほか学生指導や職員人事、学外研修講師の銀行口座なども保存されていた。被害の報告などは受けていないという。

6月1日に受信したメールの添付ファイルを職員が開封したことから、マルウェアへ感染したと見られている。他端末におけるマルウェアの感染や不正通信は確認されていない。同大学は警察に相談するとともに、引き続き調査を継続するとしている。

(Security NEXT - 2016/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も