Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃メールには「三位一体対策」を - IPA

業務に関連したメールと勘違いして添付ファイルを開き、マルウェアへ感染、情報が漏洩する被害が目立っている。情報処理推進機構(IPA)は、被害の防止や低減に向け、対策を呼びかけた。

メール経由でマルウェアへ感染し、情報漏洩につながる被害は、2015年の日本年金機構における被害をはじめ、6月に入ってからもJTBグループ会社で類似した事故が発生している。

20160623_ip_001.jpg
最近発生した被害の原因など(表:IPA)

多くの企業や組織が同様のリスクに晒されており、同機構では対策として「リテラシーの向上」「適切な運用管理」「セキュアなシステムの構築」を掲げ、三位一体の対策を求めた。

具体的には、「リテラシー」や「運用管理」の面から、メールに対する警戒心の向上を目的とした従業員に定期的な教育やメールを誤って開いてしまった場合も含めた訓練の実施、メールの電子署名や「SPF」「DKIM」などメールの真正性を保証するしくみの導入について、検討を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料