Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flashゼロデイ攻撃、APTグループ「ScarCruft」関与か - EMETで回避可能

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性「CVE-2016-4171」が存在し、ゼロデイ攻撃が発生している問題で、同脆弱性を報告したKaspersky Labは、APTグループ「ScarCruft」との関連性を示唆した。

問題とされる脆弱性「CVE-2016-4171」は、「同21.0.0.242」および以前のバージョンに存在する脆弱性。6月15日時点でセキュリティアップデートは提供されておらず、Adobe Systemsが開発中だ

同社は、今回の脆弱性をAdobe Systemsへ報告したことに触れ、Adobe Systemsによるセキュリティアップデートの公開まで詳細は明らかにできないとした上で、今回の攻撃が標的型攻撃で悪用されているとし、APTグループ「ScarCruft」との関係をほのめかした。

同グループは、ロシア、ネパール、韓国、中国、インド、クウェート、ルーマニアなどに向けて攻撃を展開するAPTグループ。Kasperskyは、3月に修正されたAdobe Flash Playerの「CVE-2016-1010」なども同グループの標的型のゼロデイ攻撃に利用されたと見ている。

同グループが、「Daybreak作戦」「Erebus作戦」といった活動を展開中であると同社は指摘。「Erebus作戦」では、「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2016-4117」や、MS XMLコアサービスにおける「CVE-2016-0147」などを用いた攻撃を展開した可能性もあると説明している。

未修正の脆弱性「CVE-2016-4171」については、アップデートの提供までゼロデイ状態となるが、マイクロソフトの脆弱性緩和ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」により攻撃を回避できることを確認したという。

(Security NEXT - 2016/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘