Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福井県池田町のPCからデータ抜き取られる - 外部より遠隔操作

福井県池田町において、役場職員のパソコンが外部より遠隔操作され、内部に保存されていた議会の関連データが抜き取られた可能性があることがわかった。

同町によれば、6月3日15時ごろ、議会事務局のパソコンが乗っ取られたもので、遠隔操作によりデータが流出した。業務と関係ないサイトを閲覧。その際にマルウェアをインストールしてしまったという。同町役場で利用するほかのパソコンやシステムへの影響は確認されていない。

流出したのは、議会関連のデータと見られるが、詳細がわかり次第報告する予定。また漏洩した情報の範囲や内容などを確認した上で関係者に事情を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2016/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
市民大学のメールアカウントが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
メールアカウント乗っ取りで迷惑メール約4万通 - ボランティア情報サイト
職員のメールアカウントがスパム送信の踏み台に - 国立環境研究所
印刷会社のAmazonアカウントが乗っ取り被害 - 不正出品2.5万件
志村けんさんのInstagramアカウントが乗っ取り被害
研究者のTwitterアカウントなどが乗っ取り被害 - PW使い回しが原因か
スマホフリック操作でネットバンクの操作を制限 - 三井住友銀ら
迷惑メールの踏み台に、4000通を配信 - 京都女子大
京都女子大のメールサーバに不正アクセス - 迷惑メールの踏み台に