Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研と住友電工、自動車や工場などのセキュリティ研究で連携

産業技術総合研究所と住友電気工業は、セキュリティの共同研究室を設立した。

産総研情報技術研究部門内に「住友電工‐産総研 サイバーセキュリティ連携研究室」を設置したもの。関西センターを拠点として活動を展開する。

同研究室では、IoT環境などネットワーク接続機器におけるサイバー攻撃への対策技術をテーマに研究開発を推進。また研究を通じて、セキュリティ人材の育成にも注力していくという。

具体的には、産総研の暗号技術、組み込みシステム高信頼化技術など、セキュリティ技術を住友電工のインフラや産業システム、自動車および交通関連機器などの技術に応用。コネクテッドカーやスマートファクトリーの実証実験を進め、実用化を目指す。

(Security NEXT - 2016/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
サーバレス環境を提供する「Apache OpenWhisk」に脆弱性