Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研と住友電工、自動車や工場などのセキュリティ研究で連携

産業技術総合研究所と住友電気工業は、セキュリティの共同研究室を設立した。

産総研情報技術研究部門内に「住友電工‐産総研 サイバーセキュリティ連携研究室」を設置したもの。関西センターを拠点として活動を展開する。

同研究室では、IoT環境などネットワーク接続機器におけるサイバー攻撃への対策技術をテーマに研究開発を推進。また研究を通じて、セキュリティ人材の育成にも注力していくという。

具体的には、産総研の暗号技術、組み込みシステム高信頼化技術など、セキュリティ技術を住友電工のインフラや産業システム、自動車および交通関連機器などの技術に応用。コネクテッドカーやスマートファクトリーの実証実験を進め、実用化を目指す。

(Security NEXT - 2016/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
重要インフラセキュリティに関するNIST文書に翻訳版 - IPAが公開
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん