Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

少なくとも100組織が「DNS水責め攻撃」の踏み台に

JPCERTコーディネーションセンターは、「DNS水責め攻撃」への応答と見られるパケットを多数IPアドレスから受信しており、オープンリゾルバを稼働している100組織へ改善を求めたことを明らかにした。

2016年第1四半期に同センターの定点観測システムにおいて、存在しないランダムなホスト名を要求したいわゆる「DNS水責め攻撃」の応答パケットを多数IPアドレスから受信していることから、対応したもの。

DNSリクエストの要求元として、同システムのIPアドレスが詐称され、国内外で動作するオープンリゾルバより応答が寄せられており、同センターでは、パケットの送信元となっている100組織の管理者に連絡を取り、対策を講じるよう求めた。

「DNS水責め攻撃」は、ボットネットなどからオープンリゾルバ経由で、攻撃対象のDNSサーバに存在しないサブドメインを含むドメイン名の問い合わせを集中させるDDoS攻撃。「ランダムサブドメイン攻撃」「ランダムDNSクエリ攻撃」などとも呼ばれる。

踏み台になった原因としては、インターネットに接続された組み込みLinuxボードがオープンリゾルバとなっていた事例や、機器ベンダが対策情報として公開しているフィルタルールの設定をせず、そのまま運用されていた事例が確認されたという。

(Security NEXT - 2016/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「PowerDNS Recursor 4.1.9」がリリース - 脆弱性2件を修正
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も