Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、一太郎ファイルの解析に対応 - ジャストシステムと情報共有も

ファイア・アイは、同社セキュリティ対策製品において、2016年上半期よりジャストシステムの一太郎で作成したファイルの解析へ対応すると発表した。

MVXエンジンを搭載したFireEyeシリーズ製品で、法人向けに提供されている一太郎で作成されたファイルの解析に対応するもの。仮想実行環境に、新旧バージョンの法人向け一太郎のイメージを組み込む。ライセンス費用などは発生しない。

またファイア・アイでは、発見した未知の脆弱性やゼロデイ攻撃についてジャストシステムと情報を共有する。今後は「JUST Office」などにも対応していく予定。

(Security NEXT - 2016/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー