Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、一太郎ファイルの解析に対応 - ジャストシステムと情報共有も

ファイア・アイは、同社セキュリティ対策製品において、2016年上半期よりジャストシステムの一太郎で作成したファイルの解析へ対応すると発表した。

MVXエンジンを搭載したFireEyeシリーズ製品で、法人向けに提供されている一太郎で作成されたファイルの解析に対応するもの。仮想実行環境に、新旧バージョンの法人向け一太郎のイメージを組み込む。ライセンス費用などは発生しない。

またファイア・アイでは、発見した未知の脆弱性やゼロデイ攻撃についてジャストシステムと情報を共有する。今後は「JUST Office」などにも対応していく予定。

(Security NEXT - 2016/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始