Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「TeslaCrypt v1」から「同v4」まで対応した無償復号ツール

露Kaspersky Labは、無償で提供しているランサムウェア対策ツール「RakhniDecryptor」をバージョンアップし、「TeslaCrypt」の復号化機能を強化した。

「RakhniDecryptor」は、ランサムウェア「Rakhni」の復号化ツールとして提供されていたもので、同社サイトより入手することができる。

従来よりランサムウェア「TeslaCrypt v1」「同v2」へ対応していたが、「TeslaCrypt」の関係者よりマスターキーが公開されたことを受け、バージョンアップを実施。「RakhniDecryptor 1.15.10.0」より、あらたに「TeslaCrypt v3」「同v4」へ対応した。

同社では、同ツール以外にも、ランサムウェアである「Rannoh」や「CryptXXX」に対応した「RannohDecryptor」なども公開している。

(Security NEXT - 2016/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ランサムウェアの感染被害が発生、運行には影響なし - 多摩都市モノレール