Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米IBM、「Watson for Cyber Security」を年内にはベータ運用

米IBMは、AIの技術を応用した「Watson for Cyber Security」を発表した。8大学と連携し、学習能力の強化し、年内にはベータ運用を開始する予定。

同技術は、コンピュータが学習、仮説を立てた上で考え、大量のデータを分析するコグニティブ技術をサイバーセキュリティに応用したもの。

同社の研究機関である「X-Force」に蓄積されたデータを活用。「Watson」により研究結果に含まれるニュアンスを学習し、見逃されがちなサイバー攻撃や脅威のパターン、それらの根拠などを発見するという。

従来のセキュリティツールでは処理しきれない記事やレポートのほか、動画、警告など非構造化データから「Watson」が継続的に学習。自然言語処理を利用して非構造化データに含まれる人間の言語の曖昧さや不確実さを理解することもできるとしている。

さらに今秋より、マサチューセッツ工科大をはじめ、サイバーセキュリティプログラムを持つ8大学と連携。学生はシステムセキュリティのレポートやデータを入力することで、セキュリティに関する用語の学習などを進める。

(Security NEXT - 2016/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
PHP脆弱性「CVE-2018-17082」 - キャッシュ汚染のおそれ