Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Windows版QuickTimeのサポート終了をアナウンス

Appleは、「Windows」向けに提供する「QuickTime」について、サポートを終了したことを公式に認めた。複数の脆弱性が存在するが、修正される見込みはなく、セキュリティ機関などがアンインストールを呼びかけている。

問題の脆弱性は、「QuickTime for Windows」に複数存在し、悪意あるサイトやファイルを開くと任意のコードを実行されるおそれがある。Zero Day Initiative(ZDI)より、Appleへ2015年11月11日に報告されたが、その後修正しないとの回答があったとされ、ZDIは未修正の脆弱性について、4月13日に公表へ踏み切った

これら情報を受けて、国内外のセキュリティ機関では、アンインストールを推奨するアナウンスを行ったが、発表当時、Appleでは「サポート終了」については言及していなかった。

Appleでは、「QuickTime for Windows」ダウンロードページの冒頭に「重要」として、「もはや同製品のサポートを行っていない」とする内容を記載。ただし、日本語向けページには記載がなく、日本語では「QuickTime 7やQuickTime 7 Proについてわからないことがある場合」に「追加情報」で言及されている。

(Security NEXT - 2016/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測