Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows版「QuickTime」にゼロデイ脆弱性 - 修正見込みなくアンインストールを

「Windows」向けに提供されているAppleのマルチメディアソフト「QuickTime」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性の報告に対し、Appleは同製品の利用を推奨せず、ユーザーへ削除を求めると回答したとされており、実質上、サポートが終了した状況と見られる。

問題の脆弱性は複数存在し、悪意あるサイトやファイルを開くと任意のコードを実行されるおそれがある。2015年11月11日にTippingPointのZero Day Initiative(ZDI)がAppleへ報告していた。

その後、ZDIではAppleと連絡を取り、アップデート状況など確認していたが、2016年3月9日に連絡を取った際、Appleは、Windows版の「QuickTime」について利用を推奨せず、ユーザーへソフトをアンインストールするよう求めると回答。

さらにZDIでは、3月24日に未修正の脆弱性について4月13日に公表することをAppleへ通知すると、アンインストールのウェブページについて案内を受けたという。

TippingPointの現親会社であるTrend Microによれば、4月14日の時点で脆弱性に対する攻撃は確認されていないという。Trend Microでは、複数の脆弱性が見つかった一方、Windows版「QuickTime」において脆弱性の修正が行われる見込みがないとして、できる限り早くアンインストールを行うよう呼びかけた。

またセキュリティ機関でも今回の問題を受けて、アンインストールを推奨するアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2016/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ