Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましや添付ファイルの拡張子偽装を警告するメール向けサービス

キヤノンITソリューションズは、なりすましメールなどを検知、受信者へ警告する新サービスを5月11日より提供開始する。

同サービスは、メールのヘッダとエンベローブの「From」に記載されたメールアドレスが異なり、メールアドレスを偽装された「なりすましメール」や、二重拡張子など拡張子を偽装した実行形式ファイルが添付されたメールを検知するサービス。検知したメールの件名に警告を追加し、受信者に注意を促す。

「GUARDIANセキュリティ サービス」のあらたなサービスメニュー「標的型メール検知サービス」として提供する。月額利用料は1アカウントあたり162円。別途初期費用が必要。

20160510_ci_001.jpg
サービス概要(図:キヤノンITS)

(Security NEXT - 2016/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険