Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましや添付ファイルの拡張子偽装を警告するメール向けサービス

キヤノンITソリューションズは、なりすましメールなどを検知、受信者へ警告する新サービスを5月11日より提供開始する。

同サービスは、メールのヘッダとエンベローブの「From」に記載されたメールアドレスが異なり、メールアドレスを偽装された「なりすましメール」や、二重拡張子など拡張子を偽装した実行形式ファイルが添付されたメールを検知するサービス。検知したメールの件名に警告を追加し、受信者に注意を促す。

「GUARDIANセキュリティ サービス」のあらたなサービスメニュー「標的型メール検知サービス」として提供する。月額利用料は1アカウントあたり162円。別途初期費用が必要。

20160510_ci_001.jpg
サービス概要(図:キヤノンITS)

(Security NEXT - 2016/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド