Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大手学習塾で個人情報が流出 - MT用プラグインにゼロデイ攻撃

学習塾大手の栄光ゼミナールのウェブサイトが不正アクセスを受け、説明会に申し込んだ関係者の個人情報が流出したことがわかった。

不正アクセスを受けた栄光
不正アクセスを受けた栄光

同学習塾を運営する栄光によれば、4月21日5時20分ごろに、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Movable Type」で利用している「ケータイキット for Movable Type」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受けたという。同社が同月25日に修正プログラムを適用し、アクセスログを調べたところ、個人情報が流出していることが発覚した。

流出が判明したのは、2007年5月7日から7月16日の間に、学校別説明会にウェブサイト経由で申し込みをした生徒1340人と一部重複を含む保護者1421人分のあわせて2761人分の個人情報。氏名、住所、電話番号、性別、学校名、学年、メールアドレスなどが含まれる。

同社では、原因となったソフトウェアを削除。個人情報が含まれるデータをサーバから削除し、安全な場所へ保存した。対象となる生徒と保護者には、説明と謝罪を進めるとしている。

(Security NEXT - 2016/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
学生や職員などアカウント情報4.3万件が漏洩 - 法政大
不正アクセスでアカウント情報流出か - ねじ販売サイト