Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大手学習塾で個人情報が流出 - MT用プラグインにゼロデイ攻撃

学習塾大手の栄光ゼミナールのウェブサイトが不正アクセスを受け、説明会に申し込んだ関係者の個人情報が流出したことがわかった。

不正アクセスを受けた栄光
不正アクセスを受けた栄光

同学習塾を運営する栄光によれば、4月21日5時20分ごろに、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Movable Type」で利用している「ケータイキット for Movable Type」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受けたという。同社が同月25日に修正プログラムを適用し、アクセスログを調べたところ、個人情報が流出していることが発覚した。

流出が判明したのは、2007年5月7日から7月16日の間に、学校別説明会にウェブサイト経由で申し込みをした生徒1340人と一部重複を含む保護者1421人分のあわせて2761人分の個人情報。氏名、住所、電話番号、性別、学校名、学年、メールアドレスなどが含まれる。

同社では、原因となったソフトウェアを削除。個人情報が含まれるデータをサーバから削除し、安全な場所へ保存した。対象となる生徒と保護者には、説明と謝罪を進めるとしている。

(Security NEXT - 2016/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で