Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、クラウドの仮想環境利用したマルウェア解析オプション

ソフォスは、同社ゲートウェイ製品向けにクラウドでマルウェアを解析するオプションサービス「Sophos Sandstorm」を提供開始した。

同サービスは、未知のファイルを受信した際にクラウドのサンドボックス上で実行し、ファイルの挙動を調べる同社セキュリティ製品向けのオプションサービス。対応製品は「Sophos UTM 9.4」および「Sophos Email Appliance 4.0」。

実行時の挙動をクラウド上の仮想環境で解析後、実行の可否についてゲートウェイ製品へ通知する。また脅威のふるまいや解析に関するレポートを参照することも可能。

「Sophos UTM」において、10ユーザーの企業が利用する場合、オプションの初年度における参考価格は、2万7000円。

(Security NEXT - 2016/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
デスクトップ向け「Chrome」が更新 - サンドボックス回避など脆弱性4件を修正
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
Apple、「macOS High Sierra 10.13.3」などMac向けにセキュリティアップデート
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意