Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタル・フォレンジック研究会、「証拠保全ガイドライン 第5版」を公開

デジタル・フォレンジック研究会(IDF)は、「証拠保全ガイドライン」を改訂し、第5版を公開した。同研究会のウェブサイトからダウンロードできる。

同資料は、デジタルフォレンジックにおいて、証拠保全を行う範囲や、原本同一性の保証する程度といった課題を踏まえつつ、国内における電磁的証拠の保全手続きについてガイドラインとしてまとめたもの。2010年に初版をリリースし、2015年3月に公開した第4版から約1年ぶりの改訂となった。

最初の証拠保全にあたる実務者をはじめ、フォレンジック技術の運用者向けに作成されており、証拠保全の手続きについて、「事前に行う準備」「インシデント発生直後の対応」「対象物の収集、取得、保全」「証拠保全機器の準備」「証拠保全作業中、証拠保全作業後」に分類。その手順をガイドラインとしてまとめている。

(Security NEXT - 2016/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティサービス基準」リストを更新 - 新登録45社
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
カスペとインターポール、サイバー犯罪捜査の協定を再延長
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
「情報セキュリティサービス基準適合サービス」が100件を突破
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に