Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日テレに不正アクセス - 最大43万件の個人情報が漏洩した可能性

日本テレビが不正アクセスを受けたことがわかった。最大43万件の個人情報が漏洩した可能性がある。

20160421_nt_001.jpg
不正アクセスを受けた日本テレビ

4月20日13時ごろより、同社ウェブサイトで利用するソフトウェアが不正アクセスを受けたもの。

同ソフトウェアには「OSコマンドインジェクション」の脆弱性が存在。ログ解析の結果、OSに対して不正に命令が行われ、外部にデータが流出した可能性があることがわかったという。

流出した可能性があるのは、フォームなどから投稿された最大43万件の個人情報で、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

同社では、脆弱性が存在するソフトウェアを削除。データを安全な場所へ移行した。また関係者に連絡を取るほか、調査委員会を設置し、原因究明や対策を進めるとしている。

(Security NEXT - 2016/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX
番組ガイドの配送リストを委託先が紛失 - 愛知県のケーブルテレビ会社
TV放映知らせるメールで誤送信、フォーラム参加者のメアドが流出
サイトの復旧作業中に個人情報を誤送信 - テレビ朝日
日テレ、不正アクセスによる情報漏洩で調査報告 - 利用ソフトの開発に落ち度、委託先運用体制にも問題
バラエティ番組応募者の個人情報を外部にメール送信 - TBS
テレビ東京、番組出場希望者の個人情報を紛失
「DiXiM Store」に不正アクセス- クレカ情報が流出か