Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルアイアン、指定アプリ以外のクラウド接続を防ぐ新機能

20160412_mi_002.jpg
記者会見に登壇した米MobileIronのプレジデント兼CEOのBarry Mainz氏

モバイルアイアン・ジャパンは、同社が提供するモバイル管理ソリューションのオプション機能として「MobileIron Access」を追加した。

同ソリューションは、企業が利用するクラウドのデータへのアクセスを、指定したユーザーおよびアプリに制限するオプションサービス。「Box」「Google Apps for Work」「Office 365」「Salesforce」などに対応している。

従来より「MAM」の機能を提供しているが、新サービスではサードパーティ製アプリによるクラウドサービスへのアクセスを通信経路上で制御し、データの不正取得などを防止する。当初はオンプレミス版を先行して提供し、クラウド版は今後対応する予定。

20160412_mi_001.jpg
MobileIron Accessのしくみ(図:モバイルアイアン)

(Security NEXT - 2016/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション