Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

comico、公式Twitterアカウントの投稿画像に個人情報

オリジナルのマンガや小説を無料で提供するサービス「comico」の公式Twitterアカウントにおいて、2人の個人情報を含む画像が誤って投稿されていたことがわかった。

同サービスを運営するNHN comicoによれば、3月23日18時前に、同サービスで実施した企画に関する応募状況を告知する目的で、複数の顧客から送られた応募ハガキを撮影した画像を公式Twitterに投稿。その画像に写っていた2人分のハガキから差出人の氏名と住所が確認できる状態だったという。

投稿から2分後に、Twitterを閲覧したほかのユーザーから指摘があり、5分後に画像を含む投稿を削除した。

同社では対象となる応募者に対し、説明と謝罪を実施。投稿前に複数の従業員によるチェックを行うなど、SNSの利用に関する社内ルールの周知徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2016/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
中高生向けアプリ「ゴルスタ」、利用者の個人情報をツイート
「comico」で一部ユーザー情報が誤表示される不具合 - サービス開始時から
堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず
不動産店従業員が芸能人の賃貸物件情報をTwitterへ投稿
comicoで会員情報が流出 - 原因はシステム改修中の不具合
りそな銀、来店客の情報がSNS上へ漏洩
コンビニ従業員が有名スポーツ選手の防犯カメラ画像を投稿
来店した俳優のクレジットカード伝票をツイート - 成田国際空港子会社