Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET製品のクラウド管理オプション - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、ESETの法人向けライセンス製品の利用者へ「ESETクライアント管理クラウド対応オプション」の販売を3月30日より開始する。

同製品は、クライアントに導入したセキュリティ対策ソフトをクラウドより管理できるソリューション。管理者は、Windows、Mac OS Xの共存環境をウェブブラウザより一元管理でき、定義ファイルのアップデートやスキャンタスクの実施できるほか、端末の状態やログを確認できる。

価格は、25から249ユーザーの場合、13万6080円/年。別途更新料が必要。複数年契約も用意している。

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス