Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、2015年にC&Cサーバ48台をテイクダウン

警察庁は、2015年にインターネット経由でマルウェアへ命令を下す「コマンド&コントロール(C&C)サーバ」48台を停止させたことを明らかにした。

同庁によれば、攻撃者によって遠隔操作されるマルウェアを解析することで、インターネット経由で命令を出すC&Cサーバを特定。2015年の1年間に、2014年の33台を15台上回る48台を停止に追い込んだ。

こうしたC&Cサーバは、不正アクセスなどにより、正規サイトへ不正プログラムが設置されたものと見られるという。テイクダウンしたサーバの接続記録を解析し、通信先となっていたマルウェアの感染端末を特定。管理者に注意喚起を行った。

また同庁が設置したセンサーに対するアクセスは、1日あたり1IPアドレスに対して729.3件のアクセスが発生。2014年の491.6件から約1.5倍へと急増した。

telnetで利用される「23番ポート」に対するアクセスが大幅に増加しており、ルータや監視カメラなど「Linux」が組み込まれた機器を標的とする探索行為や、こうした機器を踏み台とするアクセスを多数確認。制御システムや、リフレクション攻撃の踏み台を探す行為なども発生しているという。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説