Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、2015年にC&Cサーバ48台をテイクダウン

警察庁は、2015年にインターネット経由でマルウェアへ命令を下す「コマンド&コントロール(C&C)サーバ」48台を停止させたことを明らかにした。

同庁によれば、攻撃者によって遠隔操作されるマルウェアを解析することで、インターネット経由で命令を出すC&Cサーバを特定。2015年の1年間に、2014年の33台を15台上回る48台を停止に追い込んだ。

こうしたC&Cサーバは、不正アクセスなどにより、正規サイトへ不正プログラムが設置されたものと見られるという。テイクダウンしたサーバの接続記録を解析し、通信先となっていたマルウェアの感染端末を特定。管理者に注意喚起を行った。

また同庁が設置したセンサーに対するアクセスは、1日あたり1IPアドレスに対して729.3件のアクセスが発生。2014年の491.6件から約1.5倍へと急増した。

telnetで利用される「23番ポート」に対するアクセスが大幅に増加しており、ルータや監視カメラなど「Linux」が組み込まれた機器を標的とする探索行為や、こうした機器を踏み台とするアクセスを多数確認。制御システムや、リフレクション攻撃の踏み台を探す行為なども発生しているという。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施