Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年間に1割弱の企業が標的型攻撃を経験

過去1年に1割弱の企業が、セキュリティインシデントとして標的型攻撃を認知していたことがわかった。攻撃と関連する「なりすましメール」の受信を認知した企業の割合も増加している。

20160317_jp_001.jpg
過去1年間に経験した情報セキュリティインシデントの割合(表:JIPDEC)

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とアイ・ティ・アールが、国内企業2000社の情報セキュリティ責任者を対象に調査を実施したもの。672社が回答した。

過去1年間に標的型攻撃によるインシデントを経験した企業は9.5%で、前回2015年度の調査から1.8ポイント増加した。攻撃に用いられる「なりすましメール」の受信に関しても3ポイント増となり、8.3%へと上昇している。

また公開サーバへのDDoS攻撃に関しても、前回調査の4.9%から6.1%へと増加し、攻撃を経験する企業が増えている。ウェブサイトに対する不正アクセスに関しては、7.1%で0.1ポイントの微増にとどまり、ウェブサイトの改ざんに関しては3.1%で、前回から0.5ポイント減となった。

標的型攻撃への対応が「最優先で求められる」と回答した企業は23.7%、「重視しており、セキュリティ課題のなかでも優先度が高い」が31.1%とあわせて54.8%に及び、前回、前々回の結果を上回るなど危機意識の高まりを見せている。一方、「さほど重視していない(11.3%)」「リスクの度合いがわからない(6.8%)」といった声も聞かれた。

(Security NEXT - 2016/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を