Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、SDN連携で攻撃への初動対応を自動化するソリューション

トレンドマイクロは、SDNとの連携に対応したセキュリティ対策製品「Trend Micro Policy Manager(TMPM)」を、3月25日より提供開始する。

20160317_tm_001.jpg
TMPMのしくみ(画像:トレンドマイクロ)

同製品は、ネットワーク仮想化技術「SDN(Software-Defined Network)」と連携し、サイバー攻撃検知時に自動で初動対応を行い、被害の拡大を防止するソリューション。

同社の「Deep Discovery Inspector」「Trend Micro Deep Security」「ウイルスバスター コーポレートエディション」などのセキュリティ対策製品が検知したインシデント情報に基づき、SDNコントローラーやスイッチを介して、企業の運用ポリシーに沿った制御を自動で実施。感染端末の監視や隔離のほか、コマンド&コントロール(C&C)サーバとの不正通信を遮断するといった対応が可能だという。

価格は、制御対象ノード数が1000から1999のネットワークで年額259万2000円。同社では、発売後3年で11億円の売上げを目指す。

(Security NEXT - 2016/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション
IIJとトレンド、NFV環境向けセキュリティサービスを2017年度後半に実用化
NEC、AIを活用した自己学習型異常検知技術を開発
「Apache Cordova」に複数の脆弱性 - 作成したAndroidアプリに影響
NEC、マイナンバー制度対応する自治体向けソリューション
NEC、SDNソリューションにパロアルトとの連携機能
NECとトレンド、SDNを活用したサイバー攻撃対策ソリューション