Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コレガ製の一部無線ルータにCSRFの脆弱性

コレガ製の無線ルータ2機種にクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「CG-WLBARGMH」「CG-WLBARGNL」にクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2016-1158」が含まれていることが明らかとなったもの。

管理画面にログインした状態で細工されたページにアクセスした場合、意図しない操作が行われるおそれがある。同サイトでは、緩和策としてログインした状態で他サイトへアクセスしないよう案内している。

同脆弱性は、植木修也氏、三井物産セキュアディレクションの国分裕氏、望月岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性