Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コレガ製の一部無線ルータにCSRFの脆弱性

コレガ製の無線ルータ2機種にクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「CG-WLBARGMH」「CG-WLBARGNL」にクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2016-1158」が含まれていることが明らかとなったもの。

管理画面にログインした状態で細工されたページにアクセスした場合、意図しない操作が行われるおそれがある。同サイトでは、緩和策としてログインした状態で他サイトへアクセスしないよう案内している。

同脆弱性は、植木修也氏、三井物産セキュアディレクションの国分裕氏、望月岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず