Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で産廃事業者のメアドなど流出 - 東京都環境公社

東京都環境公社においてメール送信ミスが発生し、産業廃棄物処理業者優良性基準適合認定制度事業における関係事業者13社の情報が流出した。

2月8日16時ごろに担当者がメールで優良性認定事業者へ通知文を送信した際に誤送信が発生したもの。送信先である250社を10社程度に分割して送っていたが、そのうち13社について宛先に記載しており、13社のほか、BCCで送信した138社のあわせて151社において、13社分の担当者氏名やメールアドレスが漏洩した。

同日18時15分にメールを受信した事業者から指摘があり問題が判明。対象となる事業者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2016/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生