Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、シンガポールに「サイバーセキュリティ・ファクトリー」

NECは、サイバー攻撃対策の導入や運用を支援する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」をシンガポールに開設した。

同社では、サイバー攻撃対策のシステム設計、構築から運用監視、異常検知時の緊急対応までワンストップで提供する「サイバーセキュリティ総合支援サービス」の中核拠点として、2014年国内に「サイバーセキュリティ・ファクトリー」を開設。他ベンダーなどとも連携し、脅威動向や対策技術、ノウハウなどを集約している。

今回あらたにシンガポールへ同様の施設を設置し、国内との恊働によりサイバー攻撃に関する脅威情報を共有。グローバルなセキュリティ監視ネットワークを強化していく。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック