Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、シンガポールに「サイバーセキュリティ・ファクトリー」

NECは、サイバー攻撃対策の導入や運用を支援する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」をシンガポールに開設した。

同社では、サイバー攻撃対策のシステム設計、構築から運用監視、異常検知時の緊急対応までワンストップで提供する「サイバーセキュリティ総合支援サービス」の中核拠点として、2014年国内に「サイバーセキュリティ・ファクトリー」を開設。他ベンダーなどとも連携し、脅威動向や対策技術、ノウハウなどを集約している。

今回あらたにシンガポールへ同様の施設を設置し、国内との恊働によりサイバー攻撃に関する脅威情報を共有。グローバルなセキュリティ監視ネットワークを強化していく。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
デンソーとNTTコム、コネクテッドカーの脅威検知解析で技術検証
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス