Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、シンガポールに「サイバーセキュリティ・ファクトリー」

NECは、サイバー攻撃対策の導入や運用を支援する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」をシンガポールに開設した。

同社では、サイバー攻撃対策のシステム設計、構築から運用監視、異常検知時の緊急対応までワンストップで提供する「サイバーセキュリティ総合支援サービス」の中核拠点として、2014年国内に「サイバーセキュリティ・ファクトリー」を開設。他ベンダーなどとも連携し、脅威動向や対策技術、ノウハウなどを集約している。

今回あらたにシンガポールへ同様の施設を設置し、国内との恊働によりサイバー攻撃に関する脅威情報を共有。グローバルなセキュリティ監視ネットワークを強化していく。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業