Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃で停止した日産サイト、6日ぶりに復旧

日産自動車のウェブサイトがDDoS攻撃を受け、一時的に停止した。現在は再開しているが、一部サービスは停止している。

同社ウェブサイトが、1月12日夜よりDDoS攻撃を受けたことから、同社では13日に同社サイトや、日産自動車販売など関連サイトを一時停止。復旧作業を進めていた。サイトは18日に再開したが、一部のサービスはまだ停止しており、順次再開する予定。

同社は、今回の攻撃にともなう個人情報の漏洩や、サイト改ざん、閲覧者へのマルウェア感染といった被害は確認されていないとしている。

今回のDDoS攻撃に関しては、アノニマスを名乗る一部活動家が、日本の捕鯨やイルカ漁に対する抗議活動であるとの声明を出していた。

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
6時間以上継続するDDoS攻撃が発生 - 「memcached」利用の攻撃も
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
4月はDDoS攻撃568件を検出、5時間以上に及ぶケースも - IIJまとめ
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から