Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃で停止した日産サイト、6日ぶりに復旧

日産自動車のウェブサイトがDDoS攻撃を受け、一時的に停止した。現在は再開しているが、一部サービスは停止している。

同社ウェブサイトが、1月12日夜よりDDoS攻撃を受けたことから、同社では13日に同社サイトや、日産自動車販売など関連サイトを一時停止。復旧作業を進めていた。サイトは18日に再開したが、一部のサービスはまだ停止しており、順次再開する予定。

同社は、今回の攻撃にともなう個人情報の漏洩や、サイト改ざん、閲覧者へのマルウェア感染といった被害は確認されていないとしている。

今回のDDoS攻撃に関しては、アノニマスを名乗る一部活動家が、日本の捕鯨やイルカ漁に対する抗議活動であるとの声明を出していた。

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加