Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃で停止した日産サイト、6日ぶりに復旧

日産自動車のウェブサイトがDDoS攻撃を受け、一時的に停止した。現在は再開しているが、一部サービスは停止している。

同社ウェブサイトが、1月12日夜よりDDoS攻撃を受けたことから、同社では13日に同社サイトや、日産自動車販売など関連サイトを一時停止。復旧作業を進めていた。サイトは18日に再開したが、一部のサービスはまだ停止しており、順次再開する予定。

同社は、今回の攻撃にともなう個人情報の漏洩や、サイト改ざん、閲覧者へのマルウェア感染といった被害は確認されていないとしている。

今回のDDoS攻撃に関しては、アノニマスを名乗る一部活動家が、日本の捕鯨やイルカ漁に対する抗議活動であるとの声明を出していた。

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ライムライト、DDoS対策サービスを強化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
国内で「Mirai」の感染活動を継続的に観測 - セキュリティ機関が注意喚起
ロジテック製ルータ11機種、「Mirai」感染のおそれ - 最新ファームウェアか確認を
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
【特別企画】要警戒の「ランサムDDoS」、名和氏の生々しい解説資料が公開中
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始