Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃で停止した日産サイト、6日ぶりに復旧

日産自動車のウェブサイトがDDoS攻撃を受け、一時的に停止した。現在は再開しているが、一部サービスは停止している。

同社ウェブサイトが、1月12日夜よりDDoS攻撃を受けたことから、同社では13日に同社サイトや、日産自動車販売など関連サイトを一時停止。復旧作業を進めていた。サイトは18日に再開したが、一部のサービスはまだ停止しており、順次再開する予定。

同社は、今回の攻撃にともなう個人情報の漏洩や、サイト改ざん、閲覧者へのマルウェア感染といった被害は確認されていないとしている。

今回のDDoS攻撃に関しては、アノニマスを名乗る一部活動家が、日本の捕鯨やイルカ漁に対する抗議活動であるとの声明を出していた。

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に