Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、DDoS対策製品を機能強化 - クラウド転送に対応

A10ネットワークスは、DDoS攻撃対策用アプライアンス「A10 Thunder TPS」のソフトウェアをアップデートし、検出機能の強化やクラウド連携などを実現した。

同製品は、DDoS攻撃を防御するセキュリティアプライアンス。同製品のソフトウェアを「同3.2」へとアップデートし、機能を強化を図ったもの。

平常時のネットワークにおける振る舞いを把握し、しきい値を超える異常を検知することが可能となった。またポリシーの動的な適用に対応し、疑わしいトラフィックへより厳しいポリシーを適用するといった運用が行える。

またVerisignのクラウド型DDoS対策サービス「Verisign DDoS Protection Services」との連携が可能となり、帯域を圧迫する攻撃が生じた際に自動通知によりトラフィックをクラウドへリダイレクトすることができる。さらに、一元管理システム「aGalaxy」や脅威監視プラットフォーム「A10 Threat Intelligence Service」との連携に対応した。

(Security NEXT - 2016/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス
アルテリア、DDoS攻撃対策サービスをリリース
A10、DDoS対策アプライアンスのラインアップを追加
CSC、「攻撃遮断くん」利用者向けにサイバー保険を付帯
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ