Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場直後のセキュリティ企業に不正侵入 - 金銭要求で発覚

アークンのサーバが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることがわかった。データを取得したとみられる犯人から金銭を要求されたという。

同社によれば、バックアップに利用していたデータセンターのサーバが不正アクセスを受けたもの。顧客企業のリストを不正アクセスにより取得したとし、要求額を支払わなければ公開するとの内容の封書が1月4日に届き、被害に気が付いた。警察から捜査上の要請があり公表は12日になったという。

同社が調査を行ったところ、サーバに不正アクセスの痕跡が残っており、企業名、住所、担当者名、メールアドレス、電話番号など3859社分の顧客情報を摂取された可能性があることが判明。3社分のアカウントに対して不正アクセスも発生していた。

同社では、セキュリティ対策や監視を強化した上で、侵入された原因や被害の範囲など、事実関係について調査を進めている。また関連する顧客に対し、事情を説明する書面と500円の金券を送付する方針。

同社は、2015年12月18日に東証マザーズへ上場したばかり。公募価格1360円に対して、上場2日目となる21日に4925円で初値を付け、セキュリティ関連銘柄として注目を集めてその後も株価は上昇。12月30日には取引時間中に1万440円と大台に乗せて上場来高値をつけた。年明け後は軟調に推移しており、12日の終値は5690円。

(Security NEXT - 2016/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表