Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XSSの脆弱性を修正した「WordPress 4.4.1」がリリース

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発者グループは、脆弱性やバグへ対処したアップデートをリリースした。

今回公開された「同4.4.1」では、クロスサイトスクリプティングの脆弱性を修正。またセキュリティには関係しないバグを含め、52件の修正を実施したという。

最新版はウェブサイトより公開しているほか、利用者はダッシュボードよりアップデートを行うことができる。

(Security NEXT - 2016/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処した「WordPress 5.3.1」がリリース
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
WP向けプラグイン「Rich Reviews」に対するゼロデイ攻撃が発生中
複数脆弱性を解消した「WordPress 5.2.3」がリリース
eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も