Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XSSの脆弱性を修正した「WordPress 4.4.1」がリリース

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発者グループは、脆弱性やバグへ対処したアップデートをリリースした。

今回公開された「同4.4.1」では、クロスサイトスクリプティングの脆弱性を修正。またセキュリティには関係しないバグを含め、52件の修正を実施したという。

最新版はウェブサイトより公開しているほか、利用者はダッシュボードよりアップデートを行うことができる。

(Security NEXT - 2016/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」の自動更新が不能となるバグ - 手動更新の対応を
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「WordPress」向けRetina対応プラグインにXSSの脆弱性
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
アップデート「WordPress 4.9.1」でセキュリティに関する問題4件を解決 - バグの修正も
「WordPress」向けテーブル生成プラグインに脆弱性
「WordPress 4.8.3」が公開 - 修正不十分だった「SQLi脆弱性」に対応
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple