Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年3Qのフィッシング攻撃、3.3%増の13万946件

2015年第3四半期のフィッシング攻撃は、前四半期からほぼ横ばいとなる13万946件だった。一方、日本国内でホストされたフィッシングサイトが大幅に増加している。

20160106_em_001.jpg
フィッシングの推移(グラフ:EMCジャパン)

RSA AFCCが、2015年第3四半期に観測したフィッシング攻撃の状況についてまとめたもの。同四半期のフィッシング攻撃は、前期の12万6797件から3.3%増となる13万946件。10万510件だった前年同期からは3割増加した。

フィッシング攻撃を受けた回数の国別ランキングでは、「米国」が63%と半数以上を占める。「中国(15%)」「英国(6%)」「カナダ(4%)」と続いた。フィッシングサイトのホスト国では、「米国」が44%でトップだが、「香港(18%)」「中国(10%)」などアジア勢も上位につけた。

同四半期に日本国内でホストされたフィッシングサイトは、前四半期の35件から62件へと増加。ただし、99件だった前年同期の水準には達していない。特に同四半期の最終月である9月に40件を観測するなど終盤に攻撃が集中しており、今後の動向に注意が必要だ。

(Security NEXT - 2016/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大