Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年3Qのフィッシング攻撃、3.3%増の13万946件

2015年第3四半期のフィッシング攻撃は、前四半期からほぼ横ばいとなる13万946件だった。一方、日本国内でホストされたフィッシングサイトが大幅に増加している。

20160106_em_001.jpg
フィッシングの推移(グラフ:EMCジャパン)

RSA AFCCが、2015年第3四半期に観測したフィッシング攻撃の状況についてまとめたもの。同四半期のフィッシング攻撃は、前期の12万6797件から3.3%増となる13万946件。10万510件だった前年同期からは3割増加した。

フィッシング攻撃を受けた回数の国別ランキングでは、「米国」が63%と半数以上を占める。「中国(15%)」「英国(6%)」「カナダ(4%)」と続いた。フィッシングサイトのホスト国では、「米国」が44%でトップだが、「香港(18%)」「中国(10%)」などアジア勢も上位につけた。

同四半期に日本国内でホストされたフィッシングサイトは、前四半期の35件から62件へと増加。ただし、99件だった前年同期の水準には達していない。特に同四半期の最終月である9月に40件を観測するなど終盤に攻撃が集中しており、今後の動向に注意が必要だ。

(Security NEXT - 2016/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
Gmailに差出人を空欄にできるバグ「Ghost Emails」 - フィッシング攻撃などで悪用のおそれ
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に