Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ機関、「Flash Player」のアップデートを呼びかけ

米国時間2015年12月28日に「Adobe Flash Player」の深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデート「APSB16-01」が急遽公開されたことから、セキュリティ機関は早期に対応するよう注意喚起を開始した。

「APSB16-01」は、あわせて19件の脆弱性を解消するセキュリティアップデート。バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2015-8651」に関しては、すでに標的型攻撃が報告されているという。

アップデートを公開したAdobe Systemsでは、「Windows」「Mac OS X」およびブラウザ同梱版について適用優先度を3段階中もっとも高い「1」に設定。同レーティングでは、72時間以内と2015年内に更新するよう求めていた。

今回の問題を受けて、情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターをはじめ、関連機関では早期に対応するよう注意を喚起している。

IPAでは、主要ソフトウェアが最新バージョンであるか確認できる「MyJVNバージョンチェッカ」の活用を呼びかけた。Javaをインストールしていなくても利用できる「MyJVNバージョンチェッカ for .NET」などもあわせて用意している。

(Security NEXT - 2016/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ