Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」が緊急更新、ゼロデイ脆弱性を解消 - 年内に対応を

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性を解消する「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート「APSB16-01」を公開した。ゼロデイ攻撃が報告されており、72時間以内の更新を推奨している。

20151229_as_001.jpg
「APSB16-01」

今回のアップデートは、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2015-8651」をはじめ、解放済みメモリへのアクセスやメモリ破壊、型の取り違えなど、あわせて19件の脆弱性に対処したもの。

脆弱性が悪用された場合、システムの制御を奪われるおそれがあり、「CVE-2015-8651」に関しては、すでに限定的な標的型攻撃が報告されているという。

同社は「Windows」「Mac OS X」および、「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Chrome」などのブラウザの同梱版に対して最新版となる「同20.0.0.267」を公開。

最新版へアップデートできないユーザーに対しては、延長サポートとして「同18.0.0.324」を提供する。Linuxに対しては「同11.2.202.559」。「Adobe AIR」や「同SDK」には「同20.0.0.233」を用意した。

適用優先度は、「Windows」「Mac OS X」およびブラウザ同梱版については、3段階中もっとも高い「1」にレーティングしており、72時間以内のアップデートを推奨。それ以外は2段階低い「3」とした。

今回のアップデートで修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2015-8459
CVE-2015-8460
CVE-2015-8634
CVE-2015-8635
CVE-2015-8636
CVE-2015-8638
CVE-2015-8639
CVE-2015-8640
CVE-2015-8641
CVE-2015-8642
CVE-2015-8643
CVE-2015-8644
CVE-2015-8645
CVE-2015-8646
CVE-2015-8647
CVE-2015-8648
CVE-2015-8649
CVE-2015-8650
CVE-2015-8651

(Security NEXT - 2015/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性