Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CITS、クラウド型メールセキュリティに英語版

キヤノンITソリューションズは、クラウド型のメールセキュリティサービス「GUARDIANセキュリティサービス」の一部機能に英語版サービスを追加した。

今回の取り組みは、海外拠点を持つ日本国内のグローバル企業に向けたサービス強化。具体的には、英語版の「メール誤送信対策サービス」と「添付ファイルZIP暗号化サービス」を追加した。

管理画面や通知メールなどに英語のインターフェースを用意しており、日本語利用者と共通のポリシーで管理できる。

(Security NEXT - 2015/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール